それぞれの教育

色々な立場の教育について考える

発達に障害を抱えている学生への支援の教育

発達に障害を抱えている人の支援に関して、人生の土台という観点で考えた場合、現行の大学にて支援の不足が目立ちます。
しかし、小学校などの学校の就学前には、乳幼児に適用している健康のための検診や発達相談などが充実しています。
小学校や中学校における教育において、特別的な支援の教育が整備されていて、学校に関する教育を終えた人に対して、自立の支援のための法律によって生活や就労などの様々なサービスが充実しています。
大学に関して、特別的な就労の支援に対する教育が導入されていない事が特徴で、大学生の支援に言及しているのは、大学生としての発達の障害に関わる事ではなくて、一般の人間としての発達の障害の法律が適用される事です。
大学における支援の考え方として、発達に障害を抱えている大学生の支援を考える上で、大学としてどの範囲までを支援として吟味して、どこまでを支援してあげるかに関して、大学や教職員との間で議論されています。
大学は義務教育としての範囲の外にあるので、現在の社会では大学や短大を卒業しなくても社会で上手く生活を送っている人はたくさんいます。
一方で、大学生は大人の仲間入りという概念を持つ人もいるので、大学側が支援に関して学生の面倒を見るべきでないと意見もある事を考えます。
発達障害のある学生の支援に関して、カウンセラーや精神科の医師などの支援の専門の職員が、何らかの形で支援や配慮を行う必要が多いのです。
支援の範囲に関して、心理面という観点ばかりではなくて、学習や進路などの多岐にわたって、短期間で問題を解決する事にならないで、継続的な支援が必要となる場合も多いのです。
つまり、何らかの将来などの指標を見つけ出していく事が必要です。
支援の範囲を決める際に、判断のよりどころの一つとなるのが、合理的な配慮をいう考え方です。
合理的な配慮とは、障害を持った人が一般の人と平等であって、平等の人権と基本的な自由を行使して、過度の負担を課さないと定義されています。